美濃島研究室について

美濃島研究室では、「光シンセサイザ」の研究を行っています。
光シンセサイザとは、「光コム」の時間・空間・周波数(色)における特性を用いて、音楽を演奏するように光を自由自在に奏でる技術です。
光コムとは、「光のものさし」と呼ばれ、くしの形のように整列する超精密な光です。
こうした新しい技術によって光の性質を余すことなく利用することが可能となり、産業・社会に対し様々な恩恵がもたらされることが期待されます。

また、科学技術振興機構の「ERATO美濃島知的光シンセサイザプロジェクト」のリーダーとして、産業技術総合研究所、徳島大学、慶應義塾大学、横浜国立大学、東京理科大学のほか、エレクトロニクスやレーザーの民間企業などと連携して、光コム・光シンセサイザに関する様々な研究を推進しています。

University of Electro-Communications Tokyo, Japan : Optimal Optical Science
University of Electro-Communications Tokyo, Japan: Optimal Optical Science [YouTube]

アクセス

電気通信大学 美濃島研究室
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 東6号館 321室、324室
学内マップ(13) - 電気通信大学サイト

京王線 調布駅下車 中央口改札 中央口より徒歩5分
交通ガイド - 電気通信大学サイト

Googleマップで見る